英語の大切さを知る - 子供英会話の情報サイト「子供に英語を覚えさせよう!」

英語は大切な言葉

みなさんは世界で共通して使われている言葉をご存じですか?世界の共通語は英語です。英語を知っていれば、海外どこでも通用するといわれています。
しかし、実際日本人で英会話ができる人はごく一部の人です。学校で英語を習ったにも関わらず、ほとんどの人が話すことができません。それは、学校では、あまり普段話さないような英会話を習っているからです。その他にも、大人になると英語を勉強しなくなります。なので、学生の時に習った英語までも忘れてしまい、基本的な英会話ができなくなっている人も多いようです。
英語は日本にいても利用します。日本にはたくさんの外国人が住んでいます。観光客もたくさんいます。一例を挙げると、外国人に道を聞かれたことは、ほとんどの人があると思います。道を聞かれた時に、基本的は英語が分かっていれば、ニュアンスで伝わります。しかし、基本的な英語も話せなければ相手が何を言っているのかも分かりません。何も話せないと恥ずかしい思いをしてしまいます。そういったことが無い様に、英語を基本的な会話だけでも覚えておくことをおススメします。

英語を知っていると得!

実は、英語が話せると海外に行ったときに役に立つだけでなく、就職時や、入試の時に役に立ちます。英語には、資格があります。「日本英語検定」や「TOEIC」といった自分がどれだけ英語の知識があるのかを証明するものです。
海外に進出を考えている企業や、外国と交流がある企業は、英語が話せる人を欲しがる傾向があります。そんな時、就職時の履歴書や、面接の際、「日本英語検定」や「TOEIC」の資格を持っていると分かれば印象もよく、即戦力になることもあります。また、入試時に「日本英語検定」や「TOEIC」を持っていることで、内心点に差をつけることができる可能性があるので、試験の点数が同じ人が何人もいる場合有利になることでしょう。
ただ、「日本英語検定」や「TOEIC」は、簡単に試験に合格するわけではありません。試験に備えてしっかり勉強することが大切です。また、試験の時期は決まっています。なので、入試や就職活動ギリギリで試験を受けるよりも、子供の頃から受けている方が、万が一試験に落ちたときでも再チャレンジしやすいです。
英語を話せると、仕事の職種の幅も広がります。最近は「日本英語検定」や「TOEIC」の資格を持っていることが必須になっている企業もあります。自分がなりたい仕事に少しでもなれる様に、子供の頃から英語の勉強をしておくことをおススメします。